【SPONSORED LINK】

LaTeXコマンド集2|二項関係子,括弧

  
   

矢印,ギリシャ文字のLaTeXコマンドを紹介します.

次のstyファイルは使われているものとします.

  • amsmath.sty
  • amsfonts.sty
  • amssymb.sty

【関連記事:LaTeXコマンド集1|矢印,ギリシャ文字

【SPONSORED LINK】

二項関係子

対称な二項関係子

向きのない二項関係子のLaTeXコマンドです.

コマンド 表示 コマンド 表示 コマンド 表示 コマンド 表示
= = \equiv \equiv \risingdotseq \risingdotseq \fallingdotseq \fallingdotseq
\sim \sim \backsim \backsim \simeq \simeq \backsimeq \backsimeq
\approx \approx \cong \cong \parallel \parallel \not| \not|

非対称な二項関係子

向きのある二項関係子のLaTeXコマンドです.

コマンド 表示 コマンド 表示 コマンド 表示 コマンド 表示
< < > > \le,\leq \le \ge,\geq \ge
\leqq \leqq \geqq \geqq \leqslant \leqslant \geqslant \geqslant
\lessgtr \lessgtr \gtrless \gtrless \lesseqgtr \lesseqgtr \gtreqless \gtreqless
\lesseqqgtr \lesseqqgtr \gtreqqless \gtreqqless \ll \ll \gg \gg
\subset \subset \supset \supset \subseteq \subseteq \supseteq \subseteq
\subseteqq \subseteqq \supseteqq \supseteqq | |

否定の二項関係子

否定の二項関係子のLaTeXコマンドです.

コマンド 表示 コマンド 表示 コマンド 表示 コマンド 表示
\not= \not= \neq \neq \nsim \nsim \not\approx \not\approx
\not\cong \not\cong \not\parallel \not\parallel \not\subset \not\subset \not\supset \not\supset
\subsetneq \subsetneq \supsetneq \supsetneq \subsetneqq \subsetneqq \supsetneqq \supsetneqq

括弧

括弧のLaTeXコマンドです.

括弧の形

括弧の形を指定するLaTeXコマンドです.

コマンド 表示 コマンド 表示 コマンド 表示
(1) (1) \{2\} \{2\} [3] [3]
\langle 4 \rangle \langle 4 \rangle \lceil 5 \rceil \lceil 5 \rceil \lfloor 6 \rfloor \lfloor 6 \rfloor
\| 7 \| \| 7 \|

括弧の大きさ

括弧の大きさを指定するLaTeXコマンドです.

コマンド 表示 コマンド 表示 コマンド 表示
() () \big( \big) \big( \big) \Big( \Big) \Big( \Big)

また,”\left( x^{x^2} \right)”など,括弧の前に”\left”と”\right”を入れると,\left( x^{x^2} \right)のように自動で大きさが選ばれます.

括弧の代わりに”\left( x^{x^2} \right.”のように”.”を入れると,\left( x^{x^2} \right.のように”.”にした方の括弧が消えます.

参考文献

LaTeX2e美文書作成入門 改訂第6版 [ 奥村晴彦 ]

LaTeX2e美文書作成入門 改訂第6版 (奥村晴彦 著,技術評論社)

LaTeXを始めるならこの本.

また,本書にはDVD-ROMが付属しており,LaTeXのインストール用がすぐにできるので,「ネットでコンパイラをダウンロードして……」などの作業は不要でLaTeXを始めることができる.

関連記事

【良いと思ったらシェアを!】

最後まで読んでいただきありがとうございました!

良ければシェアボタンから共有をお願いします!

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください