【SPONSORED LINK】

LaTeXで図を直接描けるTikZの使い方2|線のスタイル

  
   

本記事は【LaTeXで図を直接描けるTikZの使い方1|基本的な描線】の続きである.

前の記事では,TikZを使うための環境について説明し,基本的な線分や曲線の描き方を説明した.

TikZでは線を点線にしたり,矢印にしたりと線のスタイルを変更することができ,これにより図の表現の幅が飛躍的に広がる.

本稿では,描線のスタイルについて説明する.

ただし,本稿では以下のように2つのライブラリ”intersections”,”calc”を用いる.

【SPONSORED LINK】

線の太さ

例えば,線の太さを1ptにしたいときは,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

と太さが1ptの線が描ける.

以下に,標準で用意されている線の幅のオプションを挙げる.

線の太さ
種類 オプション 表示
0.1ptの線 ultra thin

Rendered by QuickLaTeX.com

0.2ptの線 very thin

Rendered by QuickLaTeX.com

0.4ptの線 thin

Rendered by QuickLaTeX.com

0.6ptの線 semithick

Rendered by QuickLaTeX.com

0.8ptの線 thick

Rendered by QuickLaTeX.com

1.2ptの線 very thick

Rendered by QuickLaTeX.com

1.6ptの線 ultra thick

Rendered by QuickLaTeX.com

線のデザイン

例えば,線をデザインしたいときは,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

と点線が描ける.

ただし,”on”で表示させる長さを,”off”で表示させない長さを表し,これを繰り返すデザインとなる.

以下に,標準で用意されている線のデザインのオプションを挙げる.

線のデザイン
種類 オプション 表示
点線 dotted

Rendered by QuickLaTeX.com

破線 dashed

Rendered by QuickLaTeX.com

破点線 dash dot

Rendered by QuickLaTeX.com

破点々線 dash dot dot

Rendered by QuickLaTeX.com

また,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

となる.すなわち,前に”densely”をつければデザインが密になり,”loosely”をつければデザインが疎になる.

矢印

例えば,線を矢印にしたいときは,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

と点線が描ける.

以下に,標準で用意されている線のデザインのオプションの例を挙げる.

線の矢印化
種類 オプション 表示
矢印(最初の端点) <-

Rendered by QuickLaTeX.com

矢印(最後の端点) ->

Rendered by QuickLaTeX.com

矢印(両端点) <->

Rendered by QuickLaTeX.com

2重矢印 ->>

Rendered by QuickLaTeX.com

また,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

太い(ステルス機型の)矢印となる.

色線

例えば,線を赤にしたいときは,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

と赤線になる.

以下に,標準で用意されている線の色のオプションの例を挙げる.

線の色
種類 オプション 表示
red

Rendered by QuickLaTeX.com

blue

Rendered by QuickLaTeX.com

yellow

Rendered by QuickLaTeX.com

green

Rendered by QuickLaTeX.com

オレンジ orange

Rendered by QuickLaTeX.com

グレー gray

Rendered by QuickLaTeX.com

また,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

赤60%青40%の色の線となる.

図の移動

例えば,線を移動したいとき,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

と赤線が青線のようにx軸方向に+1y軸方向に+2平行移動する.

以下に,標準で用意されている図の移動のオプションの例を挙げる.ただし,赤線が移動前,青線が移動後である.

線の色
種類 オプション 表示
平行移動
(x:+1,y:-2)
shift={(1,-2)}

Rendered by QuickLaTeX.com

拡大/縮小
(原点中心で2倍)
scale=2

Rendered by QuickLaTeX.com

拡大/縮小
(点(1,1)中心で2倍)
scale around={2:(1,1)}

Rendered by QuickLaTeX.com

回転
(原点中心で45度)
rotate=20

Rendered by QuickLaTeX.com

回転
(点(1,1)中心で45度)
rotate around={20:(1,1)}

Rendered by QuickLaTeX.com

そのほかのスタイル

以上のほかに,以下のような標準で用意されている線のスタイルのオプションがある.

線のオプション
種類 オプション 表示
2重線
(標準)
double

Rendered by QuickLaTeX.com

2重線
(間が赤)
double=red

Rendered by QuickLaTeX.com

2重線
(間隔が2pt)
double distance=2pt

Rendered by QuickLaTeX.com

透過(60%) opacity=.6

Rendered by QuickLaTeX.com

次の記事【LaTeXで図を直接描けるTikZの使い方3|グラフの描き方】では,関数のグラフの描き方を説明する.

参考文献

以下はLaTeXに関しての参考文献である.

LaTeX2e美文書作成入門 改訂第7版 (奥村晴彦 著/技術評論社)

著者の奥村氏は日本におけるTeXの第一人者であり,本書はLaTeX初心者から中級者まで幅広い層に役立つLaTeXの教科書である.

非常に詳しく解説が載っており,しっかり理解して習得することができる.

本書にはDVD-ROMが付属しており,LaTeXのインストール用がすぐにできるので,LaTeXをはじめる人が苦戦しがちな環境整備がすぐにできる.

ただし,本稿の内容のTikZについての記述はないので注意.

関連記事

【良いと思ったらシェアを!】

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください