統計学一覧

統計学の基礎4|「相関係数」は相関の強さを表す統計量

たとえば,2種類の対応するデータ 勉強時間 テストの点数 を考えたとき,勉強時間が長いほどテストの点数が高くなる傾向は...

記事を読む

統計学の基礎3|「共分散」は「相関」の正負を表す統計量

前々回の記事ではデータを要約する代表値として平均値と中央値を説明し,前回の記事ではデータのばらつきを表す分散を説明しました. これら前...

記事を読む

統計学の基礎2|データのばらつきを表す「分散」のイメージ

テストの点数など幾つかのデータがあるとき,データの中心を表す量として平均値がよく使われます. しかし,前回の記事で説明したように平均は...

記事を読む

統計学の基礎1|データを要約する代表値(平均値・中央値)

統計学 (statistics)は実用的な数学の分野として,社会的になくてはならないものとなっています. 身近な例では,選挙があるたび...

記事を読む

最小二乗法から求めた回帰直線の性質と決定係数の意味

例えば「気温」と「アイスの売り上げ」のような2つのデータの関係を散布図に表し,その関係を「それっぽい直線や曲線」で表すことを回帰分析というの...

記事を読む

不偏分散ってなに?|不偏推定量を考え方から理解する

例えば「日本人全体の平均」などを考えたいとしても,日本人全員にアンケートをとることは現実的には不可能ですが,無作為にアンケートをとって大まか...

記事を読む

擬相関を見破る「偏相関係数」の考え方!回帰直線から導出

1日の「プールの利用者数」と「アイスの売り上げ」を記録すると,これらには正の相関があります. しかし,「プールの利用者数が多くなるから...

記事を読む

回帰分析の目的|最小二乗法から回帰直線を求める方法

例えば,「気温」と「アイスの売り上げ」のような相関のある2つのデータを考えるとき,集めたデータを散布図を描いて視覚的に考えることはよくありま...

記事を読む

尤度関数の考え方|データから分布を推定する最尤推定法の例

何らかの全国規模の調査を行いたいとき,対象者全員に調査することができれば最もよいですが,それは時間やコストなどの面から現実的ではありません....

記事を読む

記事一覧は

こちら

大学数学

YouTube

Twitterを

フォロー

数学書

の紹介

大学院入試

解答例

大学受験

解説ブログ