LaTeX

【良いと思ったらシェアを!】

LaTeXで図を直接描けるTikZの使い方3|グラフの描き方

本記事は

の続きである.

準備TikZの基本の設定などは1つめの記事を参照されたい.

TikZでは,y=f(x)のような陽関数のグラフはもちろん,媒介変数で表された点(x(t),y(t))のグラフも描くことができる.

さらに,TikZは極座標表示を用いることもできるので,極方程式のグラフを描くこともできる.

なお,本稿では以下のように2つのライブラリ”intersections”,”calc”を用いる.

続きを読む

【良いと思ったらシェアを!】

LaTeXで図を直接描けるTikZの使い方2|線のスタイル

本記事は【LaTeXで図を直接描けるTikZの使い方1|基本的な描線】の続きである.

前の記事では,TikZを使うための環境について説明し,基本的な線分や曲線の描き方を説明した.

TikZでは線を点線にしたり,矢印にしたりと線のスタイルを変更することができ,これにより図の表現の幅が飛躍的に広がる.

本稿では,描線のスタイルについて説明する.

ただし,本稿では以下のように2つのライブラリ”intersections”,”calc”を用いる.

続きを読む

【良いと思ったらシェアを!】

LaTeXで図を直接描けるTikZの使い方1|基本的な描線

LaTeXで図を扱いたいとき,もともと画像ファイルを作っておいて,それを挿入表示させる方法がある.

しかし,図とLaTeXの文字のバランスの調整が難しかったり,図の挿入が綺麗に挿入できないことも少なくない.

そこで,本稿ではTeXファイルに直接記述することで図を描くことができるパッケージのTikzのLaTeXでの使い方を紹介する.

TikZを使えば,直線,曲線,グラフも直接描くことができ,非常に便利である.

続きを読む

【良いと思ったらシェアを!】