【SPONSORED LINK】

書評一覧

書評|統計検定2級対応 統計学基礎(日本統計学会編)

本記事では

「統計検定2級対応 統計学基礎」
(日本統計学会編,東京図書)

の紹介をする.

統計検定は日本統計学会が実施する検定で,階級としては

  • 1級
  • 準1級
  • 2級
  • 3級
  • 4級

がある.

本書「統計学基礎」は日本統計学会公式認定の統計検定2級の教科書である.

本書は改訂版が発行されており,より統計検定2級の範囲に即した内容となっている.

続きを読む


書評|集合・位相入門(松坂和夫著,岩波書店)

本記事では

「集合・位相入門」
(松坂和夫 著,岩波書店)

の紹介をする.

1968年の発刊以来,本書は

  • 集合論
  • 位相空間論

の入門書として,半世紀以上にわたり売れ続けている超ロングセラーの教科書で,今なお多くの大学の集合・位相の授業で教科書として使われている.

なお,2018年に新装版が発売されたことからも,いかに良い教科書であるかが分かるであろう.

続きを読む


書評|演習 大学院入試問題[数学](サイエンス社)

本記事では,

「演習 大学院入試問題[数学]I」
「演習 大学院入試問題[数学]II」

(姫野俊一,陳啓浩 共著,サイエンス社)

の紹介をする.

本書は数学系の大学院入試のための問題集であり,第I巻,第II巻の2巻構成である.

各分野の最初には基本事項が簡単にまとめられており,知識の抜けがないかの簡単なチェックとしても利用できる.

問題数が多く,基本問題が多く扱われているので,大学院入試の基礎固めとして最適と言える.

また,計算が必要となる問題もあるので,基礎的な計算練習としても利用できる.

続きを読む


書評|詳解と演習 大学院入試問題<数学>(数理工学社)

本記事では,

「詳解と演習 大学院入試問題<数学> 大学数学の理解を深めよう」
(海老原円・太田雅人 著/数理工学社)

の紹介をする.

本書は数学系の大学院入試のための問題集であり,重要な頻出問題を中心に構成されている.

また,各分野の最初には基本の解説がなされており,復習としても利用できる.

解答例の行間が少なく,考え方のポイントなども解説されており,非常に読みやすい問題集である.

とはいえ,簡単な問題だけでなく,東京大学や京都大学といった国公立大の問題も数多く掲載されている.

続きを読む


書評|代数学1 群論入門(雪江明彦著,日本評論社)

代数学1 群論入門

本記事では,

「代数学1 群論入門」
(雪江明彦著,日本評論社)

の紹介をする.

本書は群論の入門書であり,続巻として

  • 「代数学2 環と体とガロア理論」
  • 「代数学3 代数学の広がり」

がある.

具体例が豊富な上に,それぞれが非常に丁寧に解説されており,非常に理解しやすい.

群論の導入書として,強くオススメできる好著である.

続きを読む


書評|線型代数入門(齋藤正彦著,東京大学出版会)

線型代数学入門

本記事では

「線型代数入門」
(齋藤正彦 著/東京大学出版会)

の紹介をする.

本書は線型代数の入門書であり,本書に対応した演習書「線型代数演習」(齋藤正彦 著,東京大学出版会)も出版されている.

線形代数の教科書としては,半世紀に渡って売れ続けている超ロングセラーの教科書.

とくに,数学系の学生が本書を読めるようにすることは良い勉強になるであろう.

本書が発行されて以来,多くの教科書が本書を真似て書かれてきたといっても過言ではないほど,日本の線形代数の指導方針にインパクトを与えた名著である.

また,著者は本書によって「日本数学会出版賞」を受賞していることも,本書の良さがうかがえる.

続きを読む


書評|関数解析(黒田成俊 著/共立出版)

関数解析

本記事では,

関数解析
(黒田成俊 著/共立出版)

の紹介をする.

本書は関数解析の入門書であり,大学の関数解析の授業でも教科書指定されることが多い.

このように,和書の関数解析の教科書の中では非常にポピュラーであり,初学者にとっても非常に読みやすい良書である.

その理由は,前提知識をあまり仮定せず,あまり行間がないことにあろう.

関数解析を初めて学ぶ学生にオススメしたい一冊である.

続きを読む


記事一覧は

こちら

Twitterを

フォロー

大学院入試

解答例

大学受験

姉妹ブログ