【SPONSORED LINK】

LaTeXで図を直接描けるTikZの使い方2|線のスタイル

前回の記事では,TikZを使うための環境について説明し,基本的な線分や曲線の描き方を説明しました.

この記事では,描線について

  • 太さを変える
  • デザイン(点線や破線)にする
  • 矢印にする

といったスタイルを変える方法を説明します.

スタイルをコントロールできれば,図の表現の幅が飛躍的に広がりますね.

なお,本稿では以下のように3つのライブラリ”intersections”, “calc”, “arrows”を用います.

なお,ライブラリについては最初の記事で説明しています.

【SPONSORED LINK】

線の太さ

例えば,線の太さを1ptにしたいときは,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

と太さが1ptの線が描けます.

以下に,標準で用意されている線の幅のオプションを挙げます.

線の太さ
種類 オプション 表示
0.1ptの線 ultra thin

Rendered by QuickLaTeX.com

0.2ptの線 very thin

Rendered by QuickLaTeX.com

0.4ptの線 thin

Rendered by QuickLaTeX.com

0.6ptの線 semithick

Rendered by QuickLaTeX.com

0.8ptの線 thick

Rendered by QuickLaTeX.com

1.2ptの線 very thick

Rendered by QuickLaTeX.com

1.6ptの線 ultra thick

Rendered by QuickLaTeX.com

線のデザイン

例えば,線をデザインしたいときは,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

と点線が描けます.つまり,“on”で表示させる長さを,“off”で表示させない長さを表し,これを繰り返すデザインの点線となります.

以下に,標準で用意されている線のデザインのオプションを挙げます.

線のデザイン
種類 オプション 表示
点線 dotted

Rendered by QuickLaTeX.com

破線 dashed

Rendered by QuickLaTeX.com

破点線 dash dot

Rendered by QuickLaTeX.com

破点々線 dash dot dot

Rendered by QuickLaTeX.com

また,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

となります.すなわち,前にdensely をつければデザインが密になり, loosely をつければデザインが疎になります.

矢印

例えば,線を矢印にしたいときは,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

と矢印が描けます.

以下に,標準で用意されている線のデザインのオプションの例を挙げます.

線の矢印化
種類 オプション 表示
矢印(最初の端点) <-

Rendered by QuickLaTeX.com

矢印(最後の端点) ->

Rendered by QuickLaTeX.com

矢印(両端点) <->

Rendered by QuickLaTeX.com

2重矢印 ->>

Rendered by QuickLaTeX.com

また,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

太い(ステルス機型の)矢印となります.

色線

例えば,線を赤にしたいときは,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

と赤線になります.

以下に,標準で用意されている線の色のオプションの例を挙げます.

線の色
種類 オプション 表示
red

Rendered by QuickLaTeX.com

blue

Rendered by QuickLaTeX.com

yellow

Rendered by QuickLaTeX.com

green

Rendered by QuickLaTeX.com

オレンジ orange

Rendered by QuickLaTeX.com

グレー gray

Rendered by QuickLaTeX.com

また,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

赤60%青40%の色の線となります.

図の移動

例えば,線を移動したいとき,

と記述すれば,

Rendered by QuickLaTeX.com

と赤線が青線のように$x$軸方向に$+1$, $y$軸方向に$+2$平行移動します.

他にも様々な図の移動が可能で,以下に標準で用意されている図の移動のオプションの例を挙げます.なお,

  • 赤線が移動前
  • 青線が移動後

です.

線の色
種類 オプション 表示
平行移動
(x:+1,y:-2)
shift={(1,-2)}

Rendered by QuickLaTeX.com

拡大/縮小
(原点中心で2倍)
scale=2

Rendered by QuickLaTeX.com

拡大/縮小
(点(1,1)中心で2倍)
scale around={2:(1,1)}

Rendered by QuickLaTeX.com

回転
(原点中心20度)
rotate=20

Rendered by QuickLaTeX.com

回転
(点(1,1)中心20度)
rotate around={20:(1,1)}

Rendered by QuickLaTeX.com

そのほかのスタイル

以上のほかに,以下のような標準で用意されている線のスタイルのオプションがあります.

線のオプション
種類 オプション 表示
2重線 double

Rendered by QuickLaTeX.com

2重線
(間が赤)
double=red

Rendered by QuickLaTeX.com

2重線
(間隔が2pt)
double distance=2pt

Rendered by QuickLaTeX.com

透過(60%) opacity=.6

Rendered by QuickLaTeX.com

次の記事では,$y=x^2+x$や$y=\sin{x}$などといった陽関数や,媒介変数表示された点のグラフの描き方を説明します.

また,TikZでは極座標も扱えるため,極方程式のグラフも描くことができます.

参考文献

以下はLaTeXに関しての参考文献である.

LaTeX2e美文書作成入門 改訂第7版 (奥村晴彦 著/技術評論社)

著者の奥村氏は日本におけるTeXの第一人者で,本書はLaTeX初心者から中級者まで幅広い層に役立つLaTeXの教科書です.

非常に詳しく解説が載っており,しっかり理解して習得することができます.

本書にはDVD-ROMが付属しており,LaTeXのインストール用がすぐにできるので,LaTeXをはじめる人が苦戦しがちな環境整備がすぐにできます.

ただし,本稿の内容のTikZについての記述はないので注意してください.

最後までありがとうございました!

参考になった方は是非シェアをお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

以下の関連記事もいかがですか?

SPONSORED LINK
関連記事

記事一覧はこちらからどうぞ!

コメント

記事一覧は

こちら

Twitterを

フォロー

大学院入試

解答例

大学受験

解説ブログ