【SPONSORED LINK】

LaTeXコマンド集4|括弧の種類と大きさを変える方法

括弧かっこのLaTeXコマンドを紹介します.

数学においては様々な括弧が用いられますが,括弧の中身によって適切な大きさの括弧は変わりますね.

LaTeXには,中身に合わせて自動で適切な括弧の大きさに変化させることができるコマンドがあります.

なお,本稿では以下のように3つのパッケージ

  • amsmath.sty
  • amsfonts.sty
  • amssymb.sty

を用います.

【SPONSORED LINK】

括弧の種類

括弧の形を指定するLaTeXコマンドです.

括弧の種類
コマンド 表示 コマンド 表示
(1) $(1)$ \{2\} $\{2\}$
[3] $[3]$ \langle 4 \rangle $\langle 4 \rangle$
\lceil 5 \rceil $\lceil 5 \rceil$ \lfloor 6 \rfloor $\lfloor 6 \rfloor$
\| 7 \| $\| 7 \|$

括弧のサイズ

括弧の大きさを指定するLaTeXコマンドです.

コマンド 表示 コマンド 表示
(1) $(1)$ \bigl( 2 \bigr) $\bigl( 2 \bigr)$
\Bigl( 3 \Bigr) $\Bigl( 3 \Bigr)$ \biggl( 4 \biggr) $\biggl( 4 \biggr)$
\Biggl( 5 \Biggr) $\Biggl( 5 \Biggr)$

なお,例えば \Big( 3 \Big)としても括弧は大きくなりますが, \Bigl( 3 \Bigr)と比べると左右の括弧のバランスがよくないことがあります.

自動で適切なサイズの括弧にする

以上のように文字の大きさを変更するコマンドで直接括弧の大きさを変更することもできますが,いちいち中身に合わせて大きさを指定するのは面倒です.

そこで,

のように括弧の前に \left\rightを記述すると,

\begin{align*} \left( \int_{\mathbb{R}}e^{-x^2}dx \right)^2 \end{align*}

のように自動で適切な大きさの括弧となります.

右の括弧と左の括弧の種類は異なっていてもよく,例えば半開区間などは

と記述すると,

\begin{align*} \left( -\frac{\sqrt{2}}{2},\frac{\sqrt{2}}{2} \right] \end{align*}

と表示されます.

さらに,片側の括弧を省略したい場合には,例えば

と記述すると,

\begin{align*} \left\{ \begin{matrix}1&(x\in\Q)\\0&(x\in\R\setminus\Q)\end{matrix} \right. \end{align*}

と表示されます.

括弧の間の区切りのサイズも変更する

例えば,集合を表す際には

\begin{align*} \left\{ \begin{bmatrix}x\\y\end{bmatrix}\in\mathbb{R}^2 \middle| x+y>1 \right\} \end{align*}

のように区切り線|を用います.

このように,括弧の間の記号も自動で適当なサイズにしたい場合には

のように \middleを用います.

参考文献

以下は参考文献である.

LaTeX2e美文書作成入門 改訂第7版 (奥村晴彦 著/技術評論社)

著者の奥村氏は日本におけるTeXの第一人者であり,本書はLaTeX初心者から中級者まで幅広い層に役立つLaTeXの教科書である.

非常に詳しく解説が載っており,しっかり理解して習得することができる.

本書にはDVD-ROMが付属しており,LaTeXのインストール用がすぐにできるので,LaTeXをはじめる人が苦戦しがちな環境整備がすぐにできる.

最後までありがとうございました!

参考になった方は是非シェアをお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

以下の関連記事もいかがですか?

SPONSORED LINK
関連記事

記事一覧はこちらからどうぞ!

記事一覧は

こちら

Twitterを

フォロー

大学院入試

解答例

大学受験

解説ブログ