フロベニウスの定理を具体例から
正方行列と多項式と固有値

線形代数学
線形代数学

多項式$f(x)=a_nx^n+\dots+a_1x+a_0$と正則行列$A$に対して,

   \begin{align*}f(A):=a_nA^n+\dots+a_1A+a_0I\end{align*}

とするとき,$f(A)$は正則行列となりますね($I$は単位行列).

フロベニウス(Frobenius)の定理

  • 行列$A$の固有値
  • 行列$f(A)$の固有値

の関係を述べた定理で,$f(A)$の固有値を求めるのにとても便利です.

なお,この記事で扱うフロべニウスの定理はペロン-フロベニウス(Perron-Frobenius)の定理とは別の定理です.ペロン-フロベニウスの定理については以下を参照してください.

ペロン・フロベニウスの定理|成分が正の行列の最大固有値
[ペロン・フロベニウスの定理]は「全ての成分が正の正方行列には最大実固有値が唯一存在し,全ての成分が正のベクトルはこの固有値に属する」という定理である.この定理は工学系や経済系の分野など,広く応用される.

フロべニウスの定理

フロべニウスの定理は以下の通りです.

[フロべニウスの定理] $f(x)$を多項式,$A$を$n$次正方行列とする.$A$の固有値を重複を許して$\lambda_1,\dots,\lambda_n$とすると,$f(A)$の固有値は重複を許して$f(\lambda_1),\dots,f(\lambda_n)$である.

ただし,$f(A)$の固有値の重複度は$A$の固有値の重複度が保たれる.

フロべニウスの定理の重複度の保存については少し注意が必要です.

具体例1

多項式$f(x)=2x-1$と2次正方行列$A=\bmat{1&2\\2&1}$に対して,$f(A)$の固有値と重複度を求めよ.

$A$の固有多項式は

   \begin{align*}|xI-A| =&\vmat{x-1&-2\\-2&x-1} \\=&(x-1)^2-(-2)^2 \\=&(x+1)(x-3)\end{align*}

となるので,$A$の固有方程式$|Ax-I|=0$の解は$x=3,-1$である.

よって,$A$固有値は$3$, $-1$でともに重複度は$1$なので,フロべニウスの定理から$f(A)$の固有値は$f(3)$, $f(-1)$である.

$f(3)=5$, $f(-1)=-3$なので,$f(A)$の固有値は$5$, $-3$でともに重複度は$1$である.

なお,正方行列の固有値の求め方は以下の記事を参照してください.

線形代数20|固有値と固有ベクトルは2ステップで求める!
正方行列Aの固有値は連立方程式|xI-A|=0を解くことで求めることができ,Aの固有値λに属する固有ベクトルは固有値・固有ベクトルの定義から得られる連立方程式を解いて得られます.このように「固有値→固有ベクトル」と順に求めることができます.

具体例2

多項式$f(x)=x^2-2x+1$と2次正方行列$A=\bmat{1&2\\2&1}$に対して,$f(A)$の固有値と重複度を求めよ.

例1から$A$の固有値は$3$, $-1$でそれぞれ重複度は$1$である.

よって,フロべニウスの定理から$f(A)$の固有値は$f(3)$, $f(-1)$である.

いま$f(3)=4$, $f(-1)=4$とこれらは等しいから,$f(A)$の固有値は$4$のみで重複度は$2$である.

この例のように,一般に$A$の異なる全ての固有値を$\lambda_1,\dots,\lambda_k$ $(k\le n)$としても,$f(\lambda_1),\dots,f(\lambda_k)$がすべて異なるとは限らず,このときは同じものは重複度が足し合わされることに注意してください.

フロべニウスの定理の証明

最初に行列が相似であることの定義を確認しておきます.

行列$A$と$B$が相似であるとは,ある正則行列$P$が存在して$P^{-1}AP=B$を満たすことをいう.

フロべニウスの定理の証明のキーとなる事実は次の[定理1],[定理2]です.

[定理1] 任意の正方行列$A$は上三角行列と相似である.すなわち,ある正則行列$P$が存在して,

   \begin{align*}P^{-1}AP=\bmat{*&*&\dots&*\\0&*&\ddots&\vdots\\\vdots&\ddots&\ddots&*\\0&\dots&0&*}\end{align*}

となる.

任意の複素正方行列がJordan標準形と相似であることを考えれば,この[定理1]が正しいことが分かります.

また,そこまで大きな事実を用いなくても$P$が基本変形を施す行列の場合を考えれば,地道に示すこともできますね.

[定理2] 行列$A$と$B$が相似なら,$A$の固有値と$B$の固有値は重複度も込めて等しい.

つまり,相似な行列同士では固有値が重複度も込めて保存するというわけですね.

それでは,[定理1],[定理2]を認めてフロべニウスの定理の証明をしましょう.


$I$を$n$次単位行列とし,$f(x):=a_mx^m+\dots+a_1x+a_0$とする.

[定理1]よりある$n$次正則行列$P$が存在して,$P^{-1}AP$は上三角行列となる.

このとき,$B:=P^{-1}AP$とおくと,$B^1,B^2,\dots,B^m$も上三角行列だから,$f(B)$も上三角行列である.

また,[定理2]より$A$の固有値と$B$の固有値は重複度も込めて等しいので,$B$の固有値は$\lambda_1,\dots,\lambda_n$である.

よって,$B$の対角成分の集合は$\{\lambda_1,\dots,\lambda_n\}$だから,$B^i$の対角成分は${\lambda_1}^i,\dots,{\lambda_n}^i$である($i=1,\dots,m$).

よって,$f(B)=a_mB^m+\dots+a_1B+a_0I$の対角成分は$\{f(\lambda_1),\dots,f(\lambda_n)\}$なので,$f(B)$が上三角行列であることに注意すると,$f(B)$の固有値は$f(\lambda_1),\dots,f(\lambda_n)$である.

$P^{-1}A^iP=(P^{-1}AP)^i=B^i$ $(i=1,\dots,m)$だから,

   \begin{align*}P^{-1}f(A)P =&P^{-1}\left(a_mA^m+a_{m-1}A^{m-1}+\dots+a_0I\right)P \\=&a_m\left(P^{-1}A^mP\right)+a_{m-1}\left(P^{-1}A^{m-1}P\right)+\dots+a_0\left(P^{-1}IP\right) \\=&a_m{B^m}+a_{m-1}{B^{m-1}}+\dots+a_0{I} \\=&f(B)\end{align*}

である.すなわち,$f(A)$と$f(B)$は相似である.

よって,$f(A)$の固有値は$f(\lambda_1),\dots,f(\lambda_k)$である.

証明の過程から$A$の固有値の重複度が$f(A)$の固有値の重複度に遺伝することも分かりますね.

参考文献

線型代数入門

[齋藤正彦 著/東京大学出版会]

線形代数の教科書として半世紀に渡って売れ続けている超ロングセラーの教科書です.

発刊されてから本書の内容の流れが線形代数の教科書のスタンダードとなったほど,日本の線形代数の指導にインパクトを与えた名著です.

その証拠に,著者の齋藤正彦氏は本書で日本数学会出版賞を受賞しています.

「線形代数をとりあえず使えるようにするための教科書」ではなく「線形代数を理解するための教科書」のため,論理的に非常に詳しく書かれているのが特徴です.

また,テキストのレベルとしては少なくとも理論系(特に数学系)の学部生であれば,確実に理解しておきたい程度のものとなっています.

なお,本書については,以下の記事で書評としてまとめています.

コメント

タイトルとURLをコピーしました