【SPONSORED LINK】

ストーンの定理|強連続ユニタリ群になるための必要十分条件

Hilbert空間上の有界線形作用素の族$\{T_t\}_{t\in\R}$が強連続ユニタリ群になるための必要十分条件を与える[Stoneの定理]について説明します.

類似の定理としては[Hille-Yosidaの定理]があり,こちらはBanach空間上の線形作用素$A$が半群$\{T_t\}_{t\in\R}$の生成作用素となる必要十分条件を述べる定理です.

[Hille-Yosidaの定理]から[Stoneの定理]を証明することができるので[Hille-Yosidaの定理]があれば十分ですが,歴史的には[Stoneの定理]の方が先に証明されています.

また,[Stoneの定理]はHilbert空間の有界線形作用素の場合に限るためシンプルで分かりやすいので,[Hille-Yosidaの定理]の特別な場合として[Stoneの定理]を学んでおくのもよいでしょう.

【SPONSORED LINK】

予備知識

[Stoneの定理]を述べる前に,必要な知識を簡単に準備します.

この記事では$\mathcal{H}$を複素Hilbert空間とします.

作用素の空間

まずは有界線形作用素の空間についてまとめます.

作用素$\mathcal{H}\to\mathcal{H}$を$\mathcal{H}$上の作用素という.また,定義域が$\mathcal{H}$であるような$\mathcal{H}$上の$\mathcal{H}$上の作用素$T$の作用素$T$全部の空間を$B(\mathcal{H})$と表す.

作用素$T:\mathcal{H}\to\mathcal{H}$といった場合でも,必ずしも$T$は$\mathcal{T}$全体で定義されているとは限らないことを思い出しておきましょう.

$T,S\in B(\mathcal{H})$, $\alpha\in\C$に対して,和$T+S$とスカラー倍$\alpha T$を

  • $(T+S)f:=Tf+Sf$ $(f\in\mathcal{H})$
  • $(\alpha T)f:=\alpha(Tf)$ $(f\in\mathcal{H})$

で定めると,$B(\mathcal{H})$は線形空間となります.

さらに,作用素ノルム

\begin{align*} \|T\|=\|T\|_{B(\mathcal{H})} :=\sup\limits_{\substack{f\in\mathcal{H}\\\|f\|_{\mathcal{H}}}=1}\|Tf\|_{\mathcal{H}} \end{align*}

により$B(\mathcal{H})$はBanach空間となります.

なお,$T,S\in B(\mathcal{H})$の積$TS$を$(TS)f:=T(Sf)$ ($f\in\mathcal{H}$)で定めると,$TS$は$B(\mathcal{H})$に属しますね.

作用素の強連続性

次に,作用素の強連続性の定義を確認します.

作用素の族$\{T_t\}_{t\in\R}$が$t_0\in\R$で強連続であるとは,任意の$f\in\mathcal{H}$に対して,極限

\begin{align*} \lim_{h\to0}\|T(t_0+h)f-T(t_0)f\|_{\mathcal{H}} \end{align*}

が存在することをいう.

なお,

  • 作用素の空間の強連続
  • それ以外の空間の強連続

は異なることに注意してください.

作用素の空間でない空間$\mathcal{X}$においては,$\|\cdot\|_{\mathcal{X}}$に関する普通の連続性を(弱連続と区別して)強連続というのでした.

一方,有界線形作用素の空間$B(\mathcal{H})$においては,上の定義のような性質を強連続性といい,作用素のノルム$\|\cdot\|_{B(\mathcal{H})}$に関する普通の連続性をノルム連続といいます.

したがって,

  • $\mathcal{X}$における「強連続」
  • $B(\mathcal{H})$における「ノルム連続」

は対応しますが,$\mathcal{X}$における「弱連続」と$B(\mathcal{H})$における「強連続」は対応関係にないことに注意してください.

強連続群,ユニタリ群と生成作用素

次に,強連続群,ユニタリ群と生成作用素について確認します.

$t\in\R$をパラメータとする$B(\mathcal{H})$の族$\{T_t\}_{t\in\R}$が

  1. 任意の$t,s\in\R$に対して,$T_{t}T_{s}=T_{t+s}$
  2. $T_0=I$ ($I$は$\mathcal{H}$上の恒等作用素)
  3. $\{T_t\}_{t\in\R}$は$\R$上強連続.

を満たすとき,$\{T_t\}_{t\in\R}$を$\mathcal{H}$上の強連続群 ($C_0$群)という.加えて,

  1. 任意の$t\in\R$に対して,$T_{t}$は同型,すなわち全単射かつ等長である.

が成り立っているとき,$\{T_t\}_{t\R}$を$\mathcal{H}$上のユニタリ群という.

強連続「群」ということからも分かるように,

  • 条件1から,$T_{t}T_{s}=T_{t+s}=T_{s+t}=T_{s}T_{t}$なので結合法則をみたし,
  • 条件2から,$T_{0}T_{t}=T_{0+t}=T_{t}$, $T_{t}T_{0}=T_{t+0}=T_{t}$をみたし,
  • 条件1と条件2から,$T_{t}T_{-t}=T_{t+(-t)}=T_{0}=I$, $T_{-t}T_{t}=T_{(-t)+t}=T_{0}=I$をみたすので,

$\{T_t\}_{t\in\R}$は$T_{0}$を単位元とし,$T_{t}$の逆元が$T_{-t}$であるような代数群となりますね.

このように,条件1,2からは代数的な性質ですね.

この強連続群$\{T_t\}_{t\in\R}$の,いわば$t=0$での「導関数」に相当する作用素を生成作用素といいます.

$\mathcal{H}$上の強連続群$\{T_{t}\}_{t\in\R}$に対して,

\begin{align*} &D(A):=\set{f\in\mathcal{H}}{\exi g\in\mathcal{H}\ \mrm{s.t.}\ \lim_{h\to0}\frac{T_{h}f-f}{h}=g}, \\&Af=\lim_{h\to0}\frac{T_{h}f-f}{h}\quad(f\in D(A)) \end{align*}

で定まる$\mathcal{H}$上の作用素$A$を$\{T_{t}\}_{t\in\R}$の生成作用素(無限小生成作用素)といい,このとき$T_{t}=e^{tA}$と表す.

生成作用素は指数を作用素に拡張したものと見ることもできますね.

自己共役作用素

一般に,ノルム空間$\mathcal{X}$, $\mathcal{Y}$に対して,線形作用素$T:\mathcal{X}\to\mathcal{Y}$の定義域$D(T)$が$\mathcal{X}$で稠密なら,$T$の共役作用素$T^*:\mathcal{Y}^*\to\mathcal{X}^*$が定義できます.

[Rieszの定理]からHilbert空間$\mathcal{H}$は自身の共役空間$\mathcal{H}^{*}$と同型($\mathcal{H}^{*}\cong\mathcal{H}$)でしたから,線形作用素$T$の定義域$D(T)$が$\mathcal{H}$上で稠密なら,$T$の共役作用素$T^*$も$\mathcal{H}$上の作用素となります.

これについて,以下のように定義します.

$\mathcal{H}$上の線形作用素$T$の定義域$D(T)$が$\mathcal{H}$上で稠密であり,$T\subset T^{*}$が成り立つとき$T$は対称作用素 (symmetric operator)であるという.さらに,$D(T)=D(T^{*})(=\mathcal{H})$であれば$T$は自己共役作用素 (self-adjoint operator)であるという.

最初の「定義域$D(T)$が$\mathcal{H}$上で稠密であり」の部分は$T$の共役作用素$T^*$が定義できるためにあるだけです.

また,一般に作用素$T$, $S$に対して

  • $D(T)\subset D(S)$
  • 任意の$f\in D(T)$に対して,$Tf=Sf$が成り立つ

の2条件を満たしているとき$T\subset S$と表します.よって,$T\subset T^*$は$D(T)\subset D(T^*)$かつ$Tf=T^*f$ ($f\in D(T)$)が成り立つということを述べてます.

Stoneの定理

準備ができたので,[Stoneの定理]を紹介します.

なお,定理の名前は証明したMarshall Harvey Stone氏にちなみます.

[Stoneの定理] $\{T_{t}\}_{t\in\R}$を$B(\mathcal{H})$上の族とする.このとき,$\{T_{t}\}_{t\in\R}$がユニタリ群であるためには,$\mathcal{H}$上の自己共役作用素$A$が存在して,$T_{t}=e^{itA}$を満たすことが必要十分である.

言い換えれば,

  • $\{T_{t}\}_{t\in\R}$がユニタリ群であれば,自己共役作用素$A$が存在して,$iA$が$\{T_{t}\}_{t\in\R}$の生成作用素となる
  • $A$が自己共役作用素であれば,$iA$を生成作用素にもつ$C_0$群$\{T_{t}\}_{t\R}$が存在して,$\{T_{t}\}_{t\R}$はユニタリ群となる

というわけですね.

なお,この[Stoneの定理]の応用としては,自由Schrödinger発展作用素が挙げられます.

詳しくは,以下の記事を参照してください.

参考文献

関数解析 (黒田成俊 著,共立出版)

本書は関数解析の入門書です.

初学者にとっても非常に読みやすく,多くの関数解析の授業でも教科書指定されることが多いテキストです.

関数解析における基本的な空間であるBanach空間,Hilbert空間の丁寧な解説から始まり,[Hille-Yosidaの定理]の半群理論やコンパクト作用素など,多くの関数解析の基本事項が学べます.

証明も詳しく,行間が少ないのも初学者にはありがたいところです(行間がなくはありませんが,理解できていれば埋められる程度なので,自分の理解を確かめるためにも自分で行間を埋める訓練は大切でしょう).

関数解析においてはRiemann積分ではなくLebesgue積分をメインに用いますが,それほどLebesgue積分を習熟していない人でも読み進められるように,巻末に[Lebesgueの収束定理]などLebesgue積分の重要事項がまとめられています.

この巻末の付録を参照すれば,Lebesgue積分を習得しつつ読み進めることができます.

また,3段階のレベルに分けて章末の演習問題が構成されており,自分の理解の確認と助けになります.

最後までありがとうございました!

参考になった方は是非シェアをお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

以下の関連記事もいかがですか?

SPONSORED LINK
関連記事

記事一覧はこちらからどうぞ!

コメント

  1. さかな より:

    勉強になりました! Rieszから$\mathcal{H}\cong\mathcal{H}^*$のあとの、“よって,$\mathcal{H}$上の線形作用素$T$の定義域$D(T)$が$\mathcal{H}$上で稠密なら,$T$の共役作用素$T^*$の定義域$D(T^*)=\mathcal{H}^*$”のところが自分には自明でなかったので復習してみます。

    自己共役$T^*$がself-adjectiveになってるところがありますが、self-adjointですね。

    • yama-taku より:

      大変申し訳ありません.
      一般に,有界線形作用素$T:\mathcal{X}\to\mathcal{Y}$, $D(T)=\overline{\mathcal{X}}$なら共役作用素は$T^*:\mathcal{Y}^*\to\mathcal{X}^*$, $D(T^*)=\mathcal{Y}^*$となるので,当該記述は「『有界』線形作用素$T$」に対しては正しいのですが一般には成り立ちません.
      重要なコメントをありがとうございます.

      また,恥ずかしいことに“adjective”は「形容詞」で,正しくはご指摘のように「共役」は“adjoint”ですね.

      いずれも記事を修正しました.ありがとうございます.

記事一覧は

こちら

Twitterを

フォロー

大学院入試

解答例

大学受験

解説ブログ